ドゥカティ996と共に

イタリアンバイク、ドゥカティ996と自転車ロード、ミニベロでロングライドした記録です。

ドゥカティ996 復活劇 その2 オーバーヒート対策!

夏になると「あー、またタンク破裂の時期だなぁ」っていたのですが、今年はゴールデンウイークにアルミのタンクに交換しましたので、大丈夫となっております。

しかーし、夏になると風物詩のように、ドゥカティ996は、必ずオーバーヒートします。

何度も対策したのですが、いつもクーラントタンクが破裂して終了してました。

今回は、クーラントタンクの破裂はなくなったのですが、なんとかならんのかと考えて、サーモスイッチで電動ファンをオンオフしているところを手動で動かせるように「魔改造」してみました。

 

f:id:ojiro0224:20180708220815j:plain

電動ファンセンサースイッチを外して、手動スイッチの配線を増設します。

996は冷却水が約92度でファンが回り始めます。87度まで下がると停止する温度センサーです。これを手動化します。

 

f:id:ojiro0224:20180708220854j:plain

センサーの被覆を少しだけ剥いて、増設スイッチの配線をはんだで直付けします。よく、ワンタッチでパチンとかしめるタイプが自動車用品店にありますが、あれは、接触不良を起こしますから、使わないほうが良いです。確実なのははんだで直付けが良いと思います。

 

f:id:ojiro0224:20180708221302j:plain

配線を増設したら、綺麗に縫縛してまとめます。

 

f:id:ojiro0224:20180708221416j:plain

手動のスイッチは、こちらに付けました。一応イグニッション連動なので、エンジンをオフにすると切れる仕組みです。また、センサーも生かしてあるので、オフの状態であれば、通常の動作をします。まあ、結局強制的に動かすためのスイッチですね。

 

では、テストです。

はい、問題なく動きましたね。これで、真夏のオーバーヒート対策完了です。どの程度効果があったのかは、梅雨が明けたら確認してみましょう!!

 

では、来週は車検を受験してきます。書類を取りに行かねば!!(;^_^A アセアセ・・・